人気沸騰中の脂肪吸引でスリムな印象|短期間で驚愕の変化

婦人

凸凹した跡には

照射

より深いところに作用

にきび跡は程度によって自分でケアできる場合と、クリニックでの治療を受けた方がよい場合とあります。特に、にきび跡が凸凹としてクレーター上になってしまっている場合にはクリニックでのレーザー治療が向いているでしょう。にきび跡がくぼんだようになってしまうのは、にきびができた際のストレスが表皮の下の真皮層まで及んで細胞を傷つけてしまったためです。自宅で使用する美容液などではなかなか真皮まで浸透するのは難しく、思ったように治療ができない場合があります。その点クリニックでのレーザーは、肌の奥に届いて皮膚細胞の回復を促してくれます。現在は皮膚に0.1ミリほどの小さな穴を無数に開けて皮膚細胞の入れ替わりを促すフレクセルレーザーが一番人気があります。

4つの主な治療法

日本で主流になっているにきび跡レーザー治療は4つあります。ひとつは無数の小さな穴をあけるフレクセルレーザです。他に点状に炭酸ガスを照射しフレクセルレーザーより深いところに作用するブリッジセラピーがあります。さらに炭酸ガスレーザーを使って直接皮膚の凸凹した角を削り取る方法、レーザーと同時にマイナス30℃の冷却ガスを当て皮膚表面の温度上昇を防ぐ方法などがよく用いられています。かかる治療費はクリニックごとに異なりますし、レーザーの種類によっても異なります。また、フレクセルレーザーなど、皮膚細胞の入れ替わりを促すものは、何回かに分けて照射を行う必要があります。できれば、実際の治療を受ける前に複数のクリニックでカウンセリングをうけて、納得のいく治療を行いましょう。